三十路リゾートバイト!

30代からでもリゾバは出来ます!

*

30代でリゾートバイトをした俺の体験談

  30代でリゾバをした体験談 「三十路に入ったor間もなく突入するけど、リゾートバイトがしたい!」っていう人、意外といると思います。何を隠そう、私自身が三十路でリゾバライフを送っていました。そして私の他にも、30代以上でリゾートバイトをしている人をちょこちょこ見かけたものです。

そう、出来るんです。リゾートバイトには、楽しそうで華やか、青春といったイメージを抱く人が多いので、ご自身の年齢を心配しているアラサーの方々もおられることでしょう。でも、大丈夫。何歳でもリゾートバイトはやろうと思えばやれるもんです。

ここでは三十路の皆さんに希望を与えるべく、私の三十路リゾバ経験の一部を切り取り、体験談としてご紹介したいと思います。

(細かい部分を紹介するとキリがありませんので、詳細は別の機会に少しずつお話しするとして、今回はダイジェスト的にいきます。)

なぜリゾートバイトだったのか

私はそれまで務めていた会社を辞めて、リゾートバイトをすることにしました。

当時、私は30歳。ごく普通のサラリーマン(営業職)でした。別に会社員として生活に特別大きな不満があったわけではありません。それなりの給料とそれなりの休みを貰い、それなりの人間関係を築いて、「まぁ俺の人生なんてこんなもん、いやこれで上出来なんだろう。満足。」と考えて仕事をしていました。

会社でストレスを感じることも当然ありましたが、そんなのはまあ普通のことで、数日たてばイライラは消化したり忘れ去って過ごしていました。

では、どうしてまたリゾバなんてことになったのか?特別なきっかけは何もありませんでした。

一言で言えば、だんだんとその平坦な毎日が嫌になってきたんですね。

そんなに入りたいわけでもない会社に入り、そんなに興味もない物を売り、少しの不満と少しの喜びを抱えて生きる日々。「あぁ、俺はやりたいことやってんのかな?ていうか、やりたいことから目を背けて、考えないようにして生きてきたんじゃないか?」と思ってしまったのです。

普通の人なら、そんな思考は20歳前後で既に終えているプロセスだと思います。

しかし、私は恥ずかしながらハッキリと自分を持たず、惰性でズルズルと人生を送り、気が付けば三十路を迎えてしまったのです。

「俺はこのまま年をとっていくのか?」と思うと憂鬱になりました。誤解の無いように言っておくと、私は一般のサラリーマンの方々を本当に尊敬しています。ただ、私自身は他の人達のような目標意識も無く、守るものもなく、ただ会社にぶら下がっている自分が嫌になってしまったのです。

 

遅れてきた自分探し

自分探し 遅ればせながら、私は「自分のやりやいこと」を考え始めました。しかし、人は急には変われません。それまでダラダラと生きてきた自分には、すぐに目標を定めることなど無理です。

悶々と過ごしていたある日、生まれてから今まで、自分が経験してきたことや興味を持ったことを思い返して、私は何がしたかったのか?どんな人になりたかったのか?を挙げてみました。

すると、小学生の頃、「将来はセリエAで活躍するサッカー選手になりたい」と言っていたのを思い出しました。言うことだけは本田圭祐と同じだったわけです(汗)。

そんなのをはじめ、思いつくのはどれも30歳から実現するのは困難を極めるものばかり。その中で唯一、まだまともに見えたのが「南の島で暮らしたい」という夢でした。

私は小さい頃、なぜか「大きくなったら南の島で暮らすんだ!」と意気込んでいました。今でも旅行が好きですし、テレビを見ながら海外旅行をする妄想を膨らませたりします。そして何より海が大好きだったんですね。

具体的に先のことまでは考えられませんでしたが、それから私は「とにかく南の島に住みたい」と考えるようになりました。そこで思いついたのが、リゾートバイトだったんですね。

私はダイビングが趣味でよく沖縄旅行をしていたんですが、ホテルや飲食店、レジャー施設など、どこに行っても内地(本土)から来ていると言うアルバイトのスタッフがいました。旅行を通して、私はリゾートバイトの存在を知っていたのです。

何とかリゾートバイトを足掛かりに、南国への移住を果たせないか。まあ移住は出来なくても、今の仕事をほおり出して南の島に行きたい。とりあえず何かを変えたい。そんなことを考え、会社に辞表を出すに至ったのでした。

リゾートバイトを探そう!

会社からある程度の慰留はあったものの、幸い(?)すんなりと退社することが出来ました。まぁ、どこの会社でも辞める人は毎年一定数いますしね。

上司には、退職理由を「以前から興味を持っていた観光業界へ転職したい」と説明しました。まさか、観光業がリゾートバイトだとは思わないでしょう。

社内の親しい友人達にはリゾバのことも話しました。「いや…お前がやりたいなら応援するけど…。」という予想通りの反応。まあそんなもんでしょう。私自身不安はありましたからね。

まあ、これで晴れて本格的にリゾートバイト求人を探せるようになったわけです。

早速、PCで「リゾートバイト 求人」と検索すると、ザクザクと情報が出てきました。2,3時間かけてじっくり見ていって分かった点を挙げると以下の通り。

  • リゾートバイトの求人はその多くが派遣会社経由のもの。
  • 派遣会社を通さない、いわゆる直接雇用の形もあるが、派遣会社の案件の場合、「寮費・光熱費・食費無料」という仕事がほとんど。
  • 派遣会社の場合は、知識・経験のある担当コーディネーターに相談しながら仕事探しを進められる。

上記のような点から、派遣会社経由のリゾートバイトが多くの人に支持され、ここ数年間では主流になっているようです

もちろん、リゾバの全てをセルフで手配する自由形スタイルを支持する人もいるでしょうが、私は年齢的にも自力で仕事が見つかるかという不安もありましたし、やはり知識のある人に希望を聞いてもらいたかったので、派遣会社に登録することにしました。またいかんせん三十路ですので、普通のアルバイトよりは派遣社員の方が社会的に響きがいいかな、と思ったのも理由の一つです。

リゾバの派遣会社って?

リゾバの派遣会社とは さて、リゾートバイトを扱う派遣会社は10社程度です。細かいところまで含めるともう少し増えると思いますが、インターネット上で目にする会社はこれくらい。特に登録者数が多いのは、アプリ、ヒューマニック、アルファリゾート、セールスタッフあたりになるでしょうね。 私は、この中からアプリ(運営サイト:はたらくどっとこむ)とヒューマニック(運営サイト:リゾバ.com)に登録することにしました。

数社にコンタクトを取ったのですが、その中ではアプリの対応が一番丁寧だと感じましたね。WEBからの申し込みから数日後、アプリから電話がかかってきたのですが、その時の社員の方の案内が実に分かりやすかったのを今でも覚えています。

派遣会社と言うと、派遣スタッフを道具のように考えるようなイメージがありましたが、アプリはスタッフを大切な経営資源だと捉えているんだと思います。私はこれまでの経験から、良い仕事をするために最も重要なのは人間関係だと考えていたので、アプリの社員さんの姿勢に魅かれたんですね。

合わせてヒューマニックにも登録したのは、ヒューマニックが業界最大手の会社だったことが大きいです。30歳という自分の年齢から考えて、採用率を少しでも上げるためには、とにかくたくさんの求人を抱えている最大手企業が心強く感じられました。

複数の派遣会社を併用するのはスケジュール管理の面倒さもあって、普通は上級者向けのテクニックのようですが、私は2社くらいなら何とかなるかなと考えました。正直、2社とも捨てがたい特徴(上記のような)があって、絞りきれなかったというのもあります。

使い方としては、アプリをメインに考え、アプリに無いような求人をヒューマニックで検討してみる、という感じだったと思います。気持ちの入れ方を比率にすると、アプリ8:ヒューマニック2くらいでしょうかね。

ただ、私がリゾートバイトを探していたのが夏前で、求人は多い時期だったので、結局アプリだけでも充分だったような気もします。最終的にはアプリの案件で、沖縄のリゾートホテルで働くことになりました。

仕事が決まるまでの流れは、おおまかに次のような感じです。

  1. WEBでスタッフ登録(1,2分で完了)。
  2. 数日後、アプリから電話があり、説明会の日時決定。
  3. 最寄りの支店にて説明会。面接で仕事の希望などを伝える。
  4. 後日、仕事が決まった旨の電話連絡。出発日の相談。
  5. 現地へ出発。

基本的にはヒューマニックの方も同じような流れでしたね。私の場合は、WEBでの仮登録から出発まで3,4週間程度だったと思います。

ちなみに、年齢について聞かれたことと言えば、健康面や体力面のこと、若い年齢層のスタッフとのコミュニケーションについて、などです。まぁスタッフそれぞれに合った仕事を紹介するためですし、言ってしまえば年齢に関係なく、仕事の面接となれば当然質問される事項だと思います。

むしろ、これまでの会社勤めの経験や営業職としてのコミュニケーションスキルをある程度評価していただけた感はあったと思います。年齢は自分次第でプラスにもマイナスにもなるんじゃないでしょうか。

沖縄で“仕事をする意味”を思い出す

さあいよいよ沖縄でリゾートバイトです。求人は色々ありましたが、やっぱり夏は沖縄の仕事が多かったですし、魅力的に見えましたね。

私の職種は沖縄のリゾートホテルのマリン部門のスタッフです。プライベートビーチでの遊泳区域監視、マリンスポーツの補助や、パラソルなどビーチ用品などの貸出・セッティングといった仕事でした。

これまた若者向けの仕事を選んだと、自分でも思います。ただ、私自身体力が無い方ではありませんし、やっぱり青い海への憧れがあったんですね。ダイビング経験があったことも大きいと思います。もっとも、私のような趣味程度の経験では仕事には全く活きません。

職場の年齢層は20代が中心でしたが、社員の方だと30代もいて、責任者は40代だったので、それほど浮く感じもありませんでした。アルバイトで30代は私だけでしたが…。男女比は男6:女4くらいで、男性は前線(海辺)での仕事、女性は後方(ビーチ施設やホテル内マリンカウンター)での仕事が多かったですね。

屋外での力仕事や立ち仕事がほとんどでしたが、年齢に関係なく人並みの体力があればやっていけるなーという印象でしたね。日常生活で駅の階段を上ったり、遅刻しそうになって小走りしたりと、それくらいのことが普通に出来れば大丈夫。逆に20代だろうが30代だろうが、しんどい仕事はしんどいわけで、自分だけが迷惑をかけるなんてことも、私はあまりありませんでした。

実際にリゾートバイトをして本当に感じたのは、人を笑顔にすること、そして感謝してもらえることの喜びです。リゾートバイトは接客業がほとんどで、仕事中は常にお客様と関わることになります。一生懸命仕事をすれば、必ず喜んでもらえるし、接客に対し笑顔で「ありがとう」と言っていただけることがほとんどです。

沖縄をはじめリゾートを訪れる人たちは皆、ハッピーな気持ちになることを旅の目的にしています。そこにはポジティブな雰囲気が溢れ、普段あまり表現しないような感謝の気持ちなんかも表れやすいのだと思います。

これが、仕事をする側にとっては本当に嬉しいことなんですね。私は会社員時代、取引先企業の担当者に対して、形式的な「ありがとう」ばかりを言い、向こうからも形式的な「ありがとう」ばかりを言われてきた気がします。そこには私の仕事にも不足があったと思いますが、双方にとってやり取りが当たり前になってしまっていて、会社対会社でしかない付き合いと言うか、お互い実感できる「感謝」が無かったんです。

リゾートバイトを通して、私は仕事をすることの意味とやりがいを思い出すことが出来ました。サラリーマンの仕事だって、誰かを笑顔にするし、きっと誰かから感謝されてるはずなんです。でも私の場合、それが見えにくくなってしまっていました。それに気付けたことが、一番大きかったですね。

給与や寮生活

俺のリゾバ詳細 給与や労働時間については、不満に思ったことはほとんどありません。これは派遣会社に守られていた部分、それから職場がしっかりしたホテルだったことがあると思います。給与振り込みは派遣会社からですので、遅滞や未払いなどはまずありませんし、勤務時間についても(ちょっとの超過なんかはありましたが)基本的に定刻通りでした。

低賃金で有名な沖縄ですので時給も安かったのですが、派遣会社経由の仕事では寮費や光熱費、食費が掛からないので、予想外にお金が貯まりました。私の場合、会社員時代の貯金もありましたし、正直あまりお金は重視していなかったんですが、貯まったらそれはそれで嬉しいものです。

寮はホテルとは別棟で、車で2,3分、徒歩15分程度。小さいマンションくらいの建物でした。スタッフは送迎バスや、社員さんの車に乗合させてもらって出勤していました。

寮生活はだいぶ賑やかな感じで、若者たちのテンションにどこまで合わせるのかという部分が若干難しいところでしたが、仕事を通してお兄さんキャラが確立出来てからは、遠巻きに暖かく見守りつつ、飲み会などのイベントにはちょいちょい参加していました。

何だかんだ言っても、一人ぼっちは寂しいもんですからね。三十路でリゾバに行こうという人は、社会にもまれて身に付けたコミュニケーションスキルを駆使しつつ、人間関係の中に絶妙な立ち位置を見つけていくことがポイントになると思われます。

とは言え、大きな職場なら必ずと言っていいくらい、自分以外に30代のバイトスタッフがいると思いますし、年が離れていても自分と似たような空気感を持つ人がいるでしょう。ですので、友達作りはそれほど気にしなくても良いと思います。皆ずっと一緒にいるんだし、人見知りだって何とかなりますよ。

そして現在へ

沖縄での初めてのリゾートバイトは約3か月の雇用期間でした。このまま沖縄に住みたいなーとも思ったんですが、まだ地盤や人間関係がきちんと築けていない感じだったので、数か所沖縄本島内でのリゾートバイトをし、離島での仕事も経験しました。離島での暮らしこそ、究極の南国ライフだと思うのですが、なかなか一筋縄ではいかない部分もあり…。これはまた別の機会にお話しましょうね。

また、冬の間には内地(本土)でのリゾートバイトにも行きました。この頃には観光業に本格的に興味が出てきていて、沖縄以外の地域や他の業態も見てみたかったんですね。

そして、現在は沖縄本島で観光関係の仕事に就きながら、妻と子供と細々と暮らしています。今思えば、リゾートバイトは私の人生の転機だったなぁと思います。

会社員でも幸せを感じて生きている方は大勢いらっしゃいますし、もしかすると私も会社員を続けていた方が今よりも豊かな暮らしが出来ていたかもしれません。それでも、惰性で生きていた私が、30歳という年齢で自分の頭で考えて、行動を起こした事にはきっと価値があったんじゃないかと思って、今の日々を過ごしています。

三十路の皆さんがリゾートバイトを経て、素敵な人生を歩まれることを心から願っております。

三十路のリゾバにおすすめの派遣会社ランキング

1位:アプリ(はたらくどっとこむ)

アプリ(登録サイト:はたらくどっとこむ)はリゾートバイト業界では誰もが知る有名派遣会社です。
大手ならではの求人件数の多さ、勤務地の幅広さといったメリットもありながら、一番の売りはコーディネーターのきめ細かな対応。仕事探しから勤務中に至るまで丁寧にケアしてくれます。
信頼関係を大事にするそのスタンスを評価してオススメ1位に選定!何かと不安を抱えやすい三十路のリゾバ志願者でも安心です!

2位:ヒューマニック(リゾバ.com)

ヒューマニック(登録サイト:リゾバ.com)はリゾートバイト業界最大手の派遣会社です。規模が大きいだけでなく、派遣リゾバのスタイルを初期に確立した老舗でもあります。
リゾートバイトに関する情報やノウハウが非常に豊富で求人件数もピカイチ。当然、三十路のあなたの採用率もグンと上がります。
大手らしい安心感がポイントですね。バラエティーに富んだ求人の中から、希望に合ったリゾバがきっと見つかることでしょう!

3位:アルファリゾート

アルファリゾートは女性からの支持率が特に高い派遣会社です。
寮は個室が多く、また女性特有の職種である仲居の時給が抜群に高いなど、女性に嬉しい特長がたくさんあります。
職場だけでなく生活の環境面にもこだわりたい、30代以上の女性に特にオススメの派遣会社ですね。

 - リゾートバイト体験談