三十路リゾートバイト!

30代からでもリゾバは出来ます!

*

短期と長期のリゾバを徹底比較!

リゾートバイト長期と短期の比較

リゾートバイトの雇用(契約)期間は長期から短期まで色々です。

ここでは、それぞれにどんなメリットとデメリットがあるのかを解説していきます。

リゾートバイトは短期と長期、どっちがオススメ?

オススメの期間は

リゾートバイトは基本的に季節労働のため、短期のバイトが比較的多いのが特徴です。しかしその中には、出来るだけ長く続けて欲しいという「期間:1か月~長期」の求人もあり、特に温泉地など通年の集客が見込める場合には長期バイトを歓迎しています。

時間が無い人にとっては短期バイト一択になってしまいますが、30代の方の場合、今までの仕事が一段落してスケジュール的に余裕があるという人もいるでしょう。

期間を選べる状況の人には、ご自身の考え方や環境を踏まえた上で、自分にしっくり来る働き方をしていただきたいと思います。

以下に、短期リゾートバイトと長期リゾートバイトのメリット&デメリットをそれぞれご紹介していきますので、参考にしてみて下さい。

「短期のデメリット=長期のメリットが無いこと」

「長期のデメリット=短期のメリットが無いこと」

とも言えますが、そういったものについては出来るだけ一方にまとめてしまい、よりそれぞれに特有なファクターを取り上げてみました。

短期リゾートバイトのメリットは?

短期リゾバのメリット

スケジュール調整がしやすい

短期リゾートバイトのメリットは何と言ってもスケジュールの組みやすさでしょう。

リゾートバイトの求人では、一般に3~6か月を標準として、それよりも短い期間の仕事を「短期」、長い場合を「長期」と呼ぶことが多いです。

短期の仕事では、短いもので何と「1週間~」というものもあります。G.W.やお盆、年末年始など繁忙期の中のピークに絞った求人ですね。比較的よく見かける短期リゾバは1~2か月程度のものです。

いずれにしても期間が短いため、「転職の合間にリゾートバイトでリフレッシュしたい」とか、「結婚前の1,2か月を使って思い出づくりをしたい」なんていうのもありですし、大学や専門学校の夏休み・春休みを利用してのバイトも可能です。

思い立った時にサクッとチャレンジできる手軽さが、短期リゾバの魅力だと言えますね。

職場が合わない場合のリスクを軽減

リゾートバイトでは遠方の観光地で働くため、町のコンビニでアルバイトをするような場合とは違い、事前に実際の現場を見たり、雰囲気を知るということが出来ません。加えて、初めての場合は仕事内容も今一つイメージしにくいかと思います。

張り切ってリゾート地までやってきたものの、仕事がツライ、周りの人達と合わない、といった状況に陥る可能性もあるわけです。つまり、場合によっては仕事のミスマッチが起こり得るということですね。

しかし、「合わないから辞める!」という姿勢は、大人として、社会人として決して良いものでは無いでしょう。

それでも、元々短期の仕事だったのであれば、割り切ったり、何とか妥協点を見つけて、期間終了まで頑張れる気がしませんか?

ある程度のストレスはあるかもしれませんが、少なくとも1,2か月以上の時間をそこに費やすことは無いのです。

不運にも職場との相性が良くない場合に、短期の仕事であれば時間的・精神的なリスクを軽減できるということですね。

お試しコースとして

短期リゾバは、リゾートバイトのお試しコースとしても最適です。

「まず1か月だけやってみて、自分に合えば他のところでもやってみたい」とか、「家族やパートナーにリゾバを反対されていて、試しに短期ということで説得したい」など、やりたい気持ちや時間はあるけど、不安や環境的な問題があるという場合、短期であれば一歩を踏み出しやすいですよね。

リゾートバイトの流れや要領がいったん分かれば、次はどんなところに行こうか?と、夢が膨らみますし、あなたがいい顔になって帰ってくれば、周囲も「行ってよかったんだな」と安心するでしょう。

普通のバイトよりはちょっとハードルが高いリゾートバイトだけに、お試し的に活用できる短期リゾバの存在は大きいですね。

短期リゾートバイトのデメリットは?

短期リゾバのデメリット

競争率が高い

短期リゾートバイトは求人件数がそこまで多くない割に人気があり、競争率が高くなりやすい傾向があります。

多くの人が、リゾートバイトは一時期だけのものと考えていますし、学生などは時間も限られますからね。私が出会った社会人リゾバスタッフ達も、どちらかと言うと短期間に色々なリゾートで仕事が経験出来ることを楽しんでいました。

短期のリゾートバイトを希望するのであれば、働き始めの時期より2,3か月前に派遣会社へ登録を済ませるなど、早めに準備をしておくべきでしょう。

繁忙期の難しさ

短期の求人が出るのは繁忙期であり、忙しいのが当たり前で、その期間の短さ故に毎日が嵐のように過ぎていきます。

朝、寮で起きて急いで朝食を取り、クタクタになるまで仕事をし、帰宅。疲労で即就寝…。慣れるまではそんな風に日々が終わり、そしてようやく余裕が出てきたと思う頃にはリゾートバイト自体が終了なんてこともあります。

また、繁忙期のためにどうしても職場がピリピリムードになってしまうのも否定できません。

短期リゾバは初心者向けである一方で、テキパキ動けること、モチベーションが高いことも求められるでしょう。

リゾートを120%楽しめない

短期リゾートバイトの場合でも休日はありますが、その休日をフル活用することは難しいかもしれません。

なぜなら、見ず知らずの土地や職場の環境に慣れるのにはやはりある程度の時間が掛かり、休日に思い切り遊んだり、ちょっと遠出をしたりということが体力的に難しくなるためです。

また、情報不足で本来の楽しみ方が出来ないこともあるでしょう。

リゾートで働く期間が長ければ、社員さんや地元の方との関係が濃くなり、美味しいごはん屋さんや穴場的な絶景スポットなどの情報がもらえるため、リゾバスタッフならではの休日が過ごせるのです。

短期の場合はよほど精力的に人間関係を作ったり、情報収集をしなければ、どうしても観光客的な楽しみ方になってしまいます。

長期リゾートバイトのメリットは?

長期リゾバのメリット

やりがいを実感できる

リゾートバイトでは一般的に6か月以上の期間を長期と呼ぶことが多く、長い人では3年、もしくはそれ以上働いている人もいます。また、同じ施設に毎年夏だけ働きに来るというような、変則的な長期スタッフも存在しますが、ここではあくまで一般的な長期についてお話します。

長く働くこと得られるメリットとしては、仕事のやりがいが大きいですね。短期の場合でもやりがいはあるのですが、時間をかけてじっくりと仕事と向き合うことで感じられるやりがいというのは、今後の自分に確実に影響を与えます。

ゲストとの距離が近く、直に感謝されることも多いのがリゾートでの仕事。長く続ければ、ゲスト一人一人にそれぞれの感動があることや、答えは一つでは無いしゴールも無いということなどが分かってくると思います。

社会人として頑張ってきたけど、仕事をする意味や理由が分からなくなってしまったという人にとっては、それを思い出す、または新たに発見する良い機会になるのが長期リゾートバイトです。

仕事をマスターできる

時間をかけて取り組むことで、仕事は確実に自分のものになっていきます。また、肉体的にも精神的にもストレスは少なくなり、視野が広がって良い仕事が出来るようになるでしょう。

やるからには中途半端な仕事では無く、納得のいくレベルにまで仕上げたい。お金をもらえれば良いということでは無く、自己実現まで目標にしているという人には長期リゾバがおすすめです。

また仕事を通じて職場での人間関係も良くなっていきます。ホテルや旅館などではチームワークがポイントになる職種が多いため、この点からも仕事の精度が上がります。

単純に仲の良いスタッフや社員さんが増えることで、リゾートでの暮らし自体が充実するというメリットもありますね。

社員登用も狙える

30代以降の方には多いかもしれませんが、リゾートバイトをきっかけに、ホテル等のリゾート施設に就職したいという、社員登用希望の人達には長期での勤務がほぼ必須です。

その人の能力や人柄、職場との相性を知るためには、1,2か月は短すぎます。せめて半年、出来れば1,2年は欲しいところですね。

ホテル等では、正社員は決して多いわけでは無く、アルバイトから登用する社員にも、いずれは中核を担ってほしいという意図があります。そのくらい大事な人材を見極めるのですから、出来るだけ慎重に判断したいわけです。

本人が社員レベルの視点や考え方を身につけるのにも、ある程度の年月は必要でしょう。

また、施設側の採用事情も関係してきます。いくら社員になりたいという人がいても、空きが無ければなかなか登用は出来ません。「その時」を待つためにも、長期の勤務が必要なんですね。

このように長期バイトでなければ社員登用を狙うことは難しいのです。ですが逆に言えば、長期で働き、熱意を見せてアピールすれば、社員登用の道が開けるということでもあります。

長期リゾートバイトのデメリットは?

長期リゾバのデメリット

時間が掛かる

長期リゾートバイト一番の難点は、時間が掛かることです。当たり前と言えば当たり前ですが、このために身動きがとりにくくなってしまうことがあるのは否めません。

「リゾバを通じてやりたいことが見つかったけど、長期だから終わるまで行動できない」というケースは考えられますし、長期の場合は元々スケジュールに余裕が無ければ参加自体が難しいです。

長期でリゾートバイトがしたいのなら、ご自身のスケジュールを整理することはもちろん、その分だけ長期的な視野をもって、焦らないことが大事になるでしょう。

マンネリ化する

長期的に仕事に取り組む分、やがて仕事に対する意欲や刺激が無くなってくることが考えられます。

仕事はもちろん物事に対する考え方は人それぞれで、仕事を長く続けることで見えてくるものがあり、より向上していけるタイプの人がいれば、テンポ良く次の仕事へ動いていった方がパフォーマンスが良くなる人もいるでしょう。

マンネリ化を防ぐ、と言うよりは考え方の問題なので、やはり仕事に対する自分のスタンスを把握しておくことが大切だということですよね。

希望すれば長期になるわけではない

長期の仕事を希望していても、全ての職場で長期勤務が可能なわけではありません。

求人情報に「長期歓迎」と記載があっても、職場の責任者としては、最終的にその人の働きぶりや人間性を見てから、長期で働いてもらうかを決めたいところでしょう。

派遣会社のコーディネーターも、長期の希望者に対して、あくまで「場合によっては長期も可能」というような意味合いで、長期案件を打診することが多いような気がします。

そのため、結果的に長期になる場合でも、まずは3か月働いてみて、それからの延長というようなスタイルを取ることが多くなります。

長期で働きたい場合は、まずはシンプルに仕事を頑張ることが一番ということです。

短期と長期、それぞれどんな人におすすめ?

まとめ

リゾートバイトの期間は安易にどれくらいが良いというものでは無く、やはりスケジュールの余裕や個々の考え方に合わせて選ぶべきです。

以下に、短期と長期のリゾートバイトがそれぞれどんな人におすすめなのかを、簡単にまとめました。

短期リゾバがオススメな人

  • スケジュールに余裕が無い人
  • 試しにリゾートバイトをしてみたい人
  • 大学生

長期リゾバがオススメな人

  • やると決めたら集中するタイプの人
  • 人生や自分について考える時間が欲しい人
  • 退職した社会人

短期か長期、期間を選べる状況にある人は、派遣会社の担当コーディネーターにも相談して、あなたに最適なリゾバスタイルを見つけて下さい!

三十路のリゾバにおすすめの派遣会社ランキング

1位:アプリ(はたらくどっとこむ)

アプリ(登録サイト:はたらくどっとこむ)はリゾートバイト業界では誰もが知る有名派遣会社です。
大手ならではの求人件数の多さ、勤務地の幅広さといったメリットもありながら、一番の売りはコーディネーターのきめ細かな対応。仕事探しから勤務中に至るまで丁寧にケアしてくれます。
信頼関係を大事にするそのスタンスを評価してオススメ1位に選定!何かと不安を抱えやすい三十路のリゾバ志願者でも安心です!

2位:ヒューマニック(リゾバ.com)

ヒューマニック(登録サイト:リゾバ.com)はリゾートバイト業界最大手の派遣会社です。規模が大きいだけでなく、派遣リゾバのスタイルを初期に確立した老舗でもあります。
リゾートバイトに関する情報やノウハウが非常に豊富で求人件数もピカイチ。当然、三十路のあなたの採用率もグンと上がります。
大手らしい安心感がポイントですね。バラエティーに富んだ求人の中から、希望に合ったリゾバがきっと見つかることでしょう!

3位:アルファリゾート

アルファリゾートは女性からの支持率が特に高い派遣会社です。
寮は個室が多く、また女性特有の職種である仲居の時給が抜群に高いなど、女性に嬉しい特長がたくさんあります。
職場だけでなく生活の環境面にもこだわりたい、30代以上の女性に特にオススメの派遣会社ですね。

 - リゾートバイトの働き方, リゾートバイトの探し方 ,