三十路リゾートバイト!

30代からでもリゾバは出来ます!

*

リゾートバイトの始め方-応募から出発までを徹底解説!

リゾートバイトの始め方

リゾートバイト(リゾバ)はかなりメジャーなアルバイトスタイルになってきましたが、遠方の勤務地にどうやって応募するのか等がよく分からないという人も多いと思います。

ということで、このページではリゾートバイトの始め方を解説します。

派遣会社を利用してリゾートバイトを始めよう!

リゾートバイトを始めよう

リゾートバイト(リゾバ)に初めてチャレンジする方、特につい2,3日前にリゾートバイトの存在を知ったという方は、リゾートバイトの始め方もよく分からないことと思います。

ここでは、現在最もポピュラーなリゾートバイトの応募方法である、派遣会社に登録するパターンをご紹介しましょう。

リゾートバイトの勤務地は沖縄や北海道などの遠隔地であることが多く(もちろん都市近郊のお仕事もあります)、間に派遣会社を介して仕事探しをするのが主流になっています。

応募から出発までの流れを、まずは簡単に紹介しましょう。

派遣会社のWEBサイトにアクセス

WEB上で仮登録(所要時間1~2分)

派遣会社からの連絡

本登録

お仕事決定

勤務地へ出発

上記の流れで、出発まで約2~4週間程度時間が掛かるのが一般的です。すぐにでも働きたいという人は、派遣会社側に相談をして出発を早めることも可能です。

また前もって登録だけを済ませ、希望の時期が来たら仕事の連絡をもらうということも出来ます。競争率の高い勤務地を狙う場合、このように先手を打つ方法が望ましいですね。

なお、一般の求人サイトを使う方法(後述します)もありますが、遠方のリゾート施設とあなた自身が直接連絡のやり取りをすることになるため、細かい伝達ミスや勘違いも生まれやすく、どちらかと言うとリゾバ経験が豊富な人向きのスタイルになります。

では、各行程を詳しく追っていきましょう。

①派遣会社のWEBサイトにアクセス

WEBサイトにアクセス

まずは派遣会社のWEBサイトにアクセスしましょう。リゾートバイトの求人がたくさん掲載されているので、良さげなものがあればチェックしておいても良いでしょう。

一点注意していただきたいのが、「派遣会社の社名」と「運営する求人サイトの名前」が異なるケースが多いということです。

例えば、リゾートバイトの大手派遣会社の一つである【アプリ】の運営する求人サイトは【はたらくどっとこむ】です。このように名前が違う場合がありますので、情報を整理する際や連絡を取る場合に混乱しないように注意したいですね。

仕事探しが本格化すれば、どの派遣会社がどのサイトを運営しているかは自然と記憶に染みついてくるはずですが、念のため、有名どころ3社(当サイトのおすすめです)のWEBサイトを紹介しておきます。

3社とも、スマートフォンからでも見やすいサイトとなっているのでご安心ください。

派遣会社名 運営WEBサイト名
アプリ  はたらくどっとこむ
ヒューマニック リゾバ.com
アルファリゾート  アルファリゾート(公式)

②WEB上で仮登録(所要時間1~2分程度)

スタッフ登録

派遣会社のWEBサイト内では多くの求人が公開されていますが、ここでは「求人への応募」ということでは無く、「スタッフ登録」を行います。厳密に言うと仮登録ですね。

まず派遣会社にスタッフとして登録をして、それから正式なお仕事の紹介という流れになるわけです。リゾート施設へはあくまで派遣会社のスタッフとして向かうことになります。

登録フォームから送信

(仮)登録は、各派遣会社サイトの目立つところに【まずはカンタン登録】や【新規スタッフ応募】というようなバナー(ボタン)がありますので、そちらから行います。クリックorタップすれば、登録フォームに切り替わるはずです。

登録フォーム自体は簡単な必要事項を入力するだけのものなので、所要時間は1~2分程度です。最後に「送信」ボタンをクリックorタップして完了ですね。

また、各求人の詳細ページにも【登録する】などのバナー(ボタン)がありますが、初めて利用する場合には、こちらからも登録フォームに移動しますので、ここで送信を行っていただいても結構です。

ホテル名や旅館名が分からないのはどうして?

なお、サイト内で公開されている求人にはホテルや旅館の施設名が記載されていません。派遣会社の大人の事情によるものなのですが、これには二つの理由があります。

  • ライバルの派遣会社に自社の取引先を明かしたくない⇒取引先を奪われてしまう原因になるため
  • 派遣スタッフ(あなたのことですね)が施設の知名度で派遣先を選ぶことを防ぐ⇒派遣先によってはスタッフが集まらなくなってしまうため

施設の知名度は派遣先の環境をイメージする上でも大事な情報なので、ぜひ施設名は教えてもらいたいところなのですが、派遣業界特有のルールみたいなものなので仕方ありません。

仕事選びの段階では施設名まで公開されるケースがほとんどですので、まあ最終的には、はっきりと行先が分かった状態で仕事を決定出来ると思っていただいて大丈夫です。

③派遣会社からの連絡

派遣会社との連絡

WEBサイトからの仮登録を済ませると、メールもしくは電話で、派遣会社から今後のスケジュール等についての連絡があります。

主な連絡事項は

  • 本登録の方法の案内
  • 現時点での質疑応答

ですね。

本登録については派遣会社によってパターンが色々ありますので、ここでその手段や手順について案内があるわけです。

また、この段階で何か不明な点や要望がある場合は、ひとまず伝えておいても良いと思います。

こういった連絡に抵抗がある人もいると思いますが、嫌がっていたり、人見知りしていては何も始まりません。リゾートバイトのためには必要な行程ですので、メールや着信のチェックは面倒臭がらずに行ってくださいね。

④本登録

本登録の面談

リゾートバイト出発前のハイライトが、この「本登録」から次の「仕事の決定」になります。

本登録の方法は各派遣会社ごとにスタイルが違い、大きく2パターンに分けることが出来ます。

  1. 支店or別会場にて登録説明会
  2. 電話・メール・書類での本登録

支店or別会場にて登録説明会

登録説明会では、担当コーディネーターをはじめとする派遣会社の社員さんから、直接話を聞きながら本登録を進めていきます。

この方法を採っているのはアプリヒューマニックなど、登録スタッフ数が多い大手の派遣会社ですね。

説明会場は、あなたがお住まいの地域の最寄り支店か、もしくは随時各地に設定される別会場となります。

本登録を行うだけでなく、併せて仕事に関する要望を伝える面談も行う場合が多いですね。

遠方のリゾート地へ働きに行くということで、不安に思われる方も多いはずですが、担当コーディネーターと一度顔合わせをしておくことで、不要な緊張を取り除くことが出来ます。

実際に経験しないと分かりにくい部分ですが、頼れる存在がいることを実感出来るという意味で、この登録説明会は意外に大きいんですね。面倒に感じる人もいると思いますが、可能なら参加することをおすすめします。

(※なお、通常は説明会を行う派遣会社でも、遠方の方の場合は、WEBや電話などを使って対応しているケースが多いです。)

登録説明会での服装

登録説明会では派遣会社社員との面談があり、あなたの仕事の希望を伝えたり、バイトの動機や経歴などに関しての質問に答えるケースもあります。

正式な採用面接という感じでも無いので、スーツ姿とまではいかなくても、カジュアル過ぎない、ややフォーマル寄りくらいの服装が無難だと思います。

あなたの人柄をアピールできる場だと、ポジティブに解釈して、身だしなみにも気を遣っていきましょう。

電話・メール・書類での本登録

本登録のプロセスを電話やメール、書類を使って行うパターンもあり、この場合あなたが直接派遣会社の支店や説明会場へ出向く必要はありません。

この方法を採用しているのは、アルファリゾートをはじめとする中小派遣会社が多いですね。やはり支店数の少なさや、会場コストの問題を考えると、大手以外は登録説明会を開催しにくいのかもしれません。

担当コーディネーターと直接会うことは無く、登録用の書類を郵送でやり取りし、打ち合わせなどは電話を中心に行います。

説明会への参加が無いため、とてもお手軽なのがこのパターンのメリットですが、一方で相手の表情を見ないと細かいニュアンスが伝わらないこともあり、やり取りした情報の内容は入念に確認を行う必要が出てきます。

⑤仕事の決定

仕事決定

本登録が済んだらいよいよ仕事選びに掛かります。時間的なリミットがある人もいるでしょうが、ここで妥協せずに、出来るだけ理想に近い仕事を見つけたいですね。

仕事選びについても、前述の本登録からの流れに沿う形になります。

登録説明会で本登録した場合

本登録を登録説明会で行った場合には、同じタイミングで仕事探しに入っていくことが多いです。

担当コーディネーターに相談をしながら、勤務地や職種、雇用期間といった希望を伝えます。また、「個室寮がいい!」「館内の温泉に入れる宿希望!」などの、細かい要望もこのタイミングでOKです。

実際の職場や寮の写真を見せてもらい、スーパーやコンビニ等の周辺環境についても説明を受けるはずですが、分からないことや知りたいことは随時質問しましょう。あなたからも発言をした方が、コーディネーターとの信頼関係は深まりますからね。

また、これまでにその施設へ実際に派遣された先輩スタッフからの感想や注意点なども、記録が残っているのであればぜひ聞いておくと良いでしょう。

なお、登録説明会の当日内に希望の仕事が見つからない場合は、後日担当コーディネーターからお仕事提案の連絡をもらい、その都度検討していくような流れになります。

電話・メール・書類で本登録をした場合

本登録を電話・メール・書類等で行った場合は、本登録確認後に主に電話で連絡をもらい、そこで仕事選びに入っていきます。相手の話を慎重に聞き、あなたの要望を丁寧に伝えましょう。

そして、また後日にメールや書類でお仕事の提案が届くはずです。写真や資料が添付されているので、じっくり検討してください。また、疑問があれば遠慮せずに電話をすると良いですね。

この場合、担当コーディネーターとリアルタイムのやり取りが少なく、一度に紹介される求人の件数も限られる一方で、その分自宅で何時間でもマイペースに考えることが出来るという利点があります。

仕事決定から出発準備

ここからはどこの派遣会社を利用しても基本的に同じ流れですね。

希望する仕事が決まったら、そこからは派遣会社があなたのお仕事先と連絡を取り合い、派遣の正式決定、出発日の調整など出発準備へと進んでいきます。

基本的な手続きから交通手段の手配までを派遣会社側でほぼ全て行ってくれますので、あなたは自身の持ち物などの準備をしましょう。

「これは持って行った方がいい?」というような細かい質問があれば派遣会社に連絡をし、遠慮なく担当コーディネーターに相談してみると良いと思います。

「○○を準備して、△△は確認したんですが、他に必要な物や注意点はありますか?」といった聞き方をすれば、準備の漏れが少なくなりますね。

⑥出発

出発

派遣会社のWEBサイトでスタッフ登録をしてから出発日まで、だいたい2週間から1か月くらい掛かるのが一般的です。

大手の派遣会社では同期のスタッフが複数いて、一緒に出発したり、コーディネーターが現地まで同行するケースもあります。

ここまで来たらあとは出発するのみですが、特に前もって知っておきたいのは持ち物身だしなみの2点。

持ち物

リゾートバイトの職場はどうしても田舎になってしまうことが多いため、近隣にスーパーやコンビニが無いこともあります。

また、ある程度生活環境が整っている地域でも、慣れるまで買い出しに行くタイミングをつかめないことも想定して、一通り必要な物は出発前に揃えておきましょう。

生活必需品

普段、旅行へ行く際に持っていくものにプラスして、ちょっとした生活用品を準備しましょう。

また、意外に大事なのが現金です。派遣会社を利用すれば寮費や食費といった生活費は必要ありませんが、最初の給料日までの当面の雑費等のために、いくらかは用意しておいた方が無難です。交通費も出発当日の支払いは各自で行い、後日1回目の給与と合わせて支給というケースが普通になります。

つまり、現地で使える金融機関のカードも持っておいた方が良いということですね。

  • 外出用の服(2,3セット)
  • 部屋着(3,4セット)
  • 下着(1週間分くらい)
  • タオル(バスタオル1,2枚+フェイスタオル2,3枚)
  • お風呂道具(シャンプー・コンディショナー・ボディソープ)
  • 洗面道具(歯ブラシ・歯磨き粉・メイク落とし・洗顔料・化粧水・乳液etc.)
  • その他化粧品
  • 整髪料
  • ハンガー
  • 物干し用ロープ
  • コンタクトレンズor眼鏡
  • 日焼け止め
  • つめ切り
  • 常備薬
  • 印鑑
  • 保険証
  • 免許証
  • 現金(交通費+雑費)
  • 金融機関のキャッシュカード(全国で使えるゆうちょがオススメ)
  • 携帯電話の充電器
仕事で必要なアイテム

仕事を覚えるためにメモとボールペンは必須ですね。あとは各職種に応じた準備になります。

  • メモ帳
  • 筆記用具
  • 職種に応じた服装(スーツ・革靴・腕時計など)
  • インストラクター用器材(ダイビング・スキーetc.)
オプション的なアイテム

オフを彩るアイテムも、必要に応じて持っていきましょう。台風や大雪で外出できない場合もあるので、暇つぶしが出来るグッズがあるといいですよ。

また、大き過ぎるものや生き物は持ち込み不可の場合が多いので、微妙なところは必ず担当コーディネーターに確認してください。

  • ビーチサンダル
  • 水着
  • レジャーグッズ(ダイビング・サーフィン・スキー・スノーボード用品)
  • トランプ・UNO
  • マンガ・文庫本
  • Nintendo3DS・PSP
  • ポケットWiFi
  • 加湿器

服装・身だしなみ

リゾートバイトのほとんどは接客業なので、身だしなみは重要視されます。特にホテルや旅館では、清潔感があり仕事に支障が出ないような服装・髪型を求められます。

服装

服装に関しては制服貸与の場合がほとんどです。マリン系やスキー場などは一部ユニフォーム(ポロシャツのみ等)ということもありますので、その場合は行き過ぎない程度にオシャレをしても良いでしょう。

髪型・身だしなみ

出発前、説明会時点でのヒゲ・茶髪・ピアスなどはまだセーフ(あくまで一応、です。)ですが、実際に仕事が始まればNGになります。どうせならリゾートバイトを思い立った段階で、全てリセットしてしまうことをおすすめします。

男子の場合、髪は基本的に黒髪で、襟足を短めにし、サイドは耳に掛からないようにします。寝ぐせはもちろんダメで、室内業務なら整髪料は必須です。

女子の場合は、髪色が明るすぎなければ少々茶色でもOKです。無難なのは黒ですね。髪のまとめ方も重要で、お食事やお客様に髪が触れるようなことが無いようにしましょう。額を見せるようにすると、凛とした印象でGOODです。航空会社のCAさんの髪型をお手本にすると良いですね。

なお、天然パーマの人でも、清潔感のある感じにセットしていれば問題はありません。

番外編:一般求人サイトを使うリゾバ探し

仕事探し

リゾートバイトをする手段として、派遣会社に登録する以外に、一般の求人サイトを使う方法があります。バイトルのリゾート版・バイトルリゾートなどが有名ですね。

この場合だと普通のアルバイトと同じ流れで仕事を探していくことになります。

  1. 気になる求人を見つけて先方へ連絡
  2. 履歴書を送付
  3. 電話面接(現地での面接は難しいため)
  4. 合否の連絡
  5. 準備・出発

というようなフローになりますが、派遣会社と異なるのは、(当たり前ですが)全ての行程を自分自身で管理しなければならないんですね。

自宅の近所でバイト先を探すのとは、やはり勝手が違いますので、確認漏れなどのミスが出やすいのは否めませんし、何かと疑問点も多くなるはずです。

そして、「職場に何度も質問の電話をしても良いのだろうか…?」と不要な心配をしてしまうかもしれませんね。

派遣会社のように食費・寮費・光熱費の負担がゼロになる求人が少ないことも考慮しなければなりません。

このため、一般求人サイトからリゾートバイトを探す方法は、リゾートバイト初心者の方にはあまりおすすめしていません。

ただ、100%自分の希望で職場を選ぶことが出来、仕事探し自体も自分のペースで進めることが出来るメリットがあるため、既にノウハウがある人は選択肢に入れてみても良いと思います。

三十路のリゾバにおすすめの派遣会社ランキング

1位:アプリ(はたらくどっとこむ)

アプリ(登録サイト:はたらくどっとこむ)はリゾートバイト業界では誰もが知る有名派遣会社です。
大手ならではの求人件数の多さ、勤務地の幅広さといったメリットもありながら、一番の売りはコーディネーターのきめ細かな対応。仕事探しから勤務中に至るまで丁寧にケアしてくれます。
信頼関係を大事にするそのスタンスを評価してオススメ1位に選定!何かと不安を抱えやすい三十路のリゾバ志願者でも安心です!

2位:ヒューマニック(リゾバ.com)

ヒューマニック(登録サイト:リゾバ.com)はリゾートバイト業界最大手の派遣会社です。規模が大きいだけでなく、派遣リゾバのスタイルを初期に確立した老舗でもあります。
リゾートバイトに関する情報やノウハウが非常に豊富で求人件数もピカイチ。当然、三十路のあなたの採用率もグンと上がります。
大手らしい安心感がポイントですね。バラエティーに富んだ求人の中から、希望に合ったリゾバがきっと見つかることでしょう!

3位:アルファリゾート

アルファリゾートは女性からの支持率が特に高い派遣会社です。
寮は個室が多く、また女性特有の職種である仲居の時給が抜群に高いなど、女性に嬉しい特長がたくさんあります。
職場だけでなく生活の環境面にもこだわりたい、30代以上の女性に特にオススメの派遣会社ですね。

 - リゾートバイトの探し方