三十路リゾートバイト!

30代からでもリゾバは出来ます!

*

リゾバの勤務先に就職!社員登用への道

リゾートバイトからの社員登用

リゾートバイトをしたい30代前後の皆さんの中には、「将来的には正社員にステップアップしたい」と考える方もいらっしゃるかと思います。

ここではホテルやレジャー施設などの社員登用について解説します!

リゾート施設が社員登用したい人材とは?

社員登用したい人材とは

社会人経験者の皆さんならば、社員登用がそこまで簡単なものでないことはご存知でしょう。バイトをポンポン正社員にしていたら、正規の採用ルートなんて要りませんからね。

リゾートバイトでも、やはり「うちの中核として働いて欲しい」と思われないことには、社員登用は難しいです。

では、リゾート施設側に社員登用したい!と思わせるのはどんな人材なのでしょうか?

スキル・資格よりも適性

一般的に社会人の転職などでは、履歴書にしっかりと書ける資格やスキルがあると有利だと言われますよね。

もちろんリゾートバイトの社員登用においても、資格などは一定の効力を発揮しますが、それより重視されるのがその人に「適性があるか?」ということです。

求められる人間性があるか?

適性と言っても色々ありますが、具体的に評価されるのは、性格や仕事へ取り組む姿勢などの「人間性」の部分になります。

リゾートバイトの業種はほぼ全てが接客業になり、お客様と接することを考えれば、現場からは次のようなパーソナリティーを持った人が好まれます。

  • 優しい
  • 人当たりが良い
  • さわやか
  • 気が利く
  • 落ち着いている
  • 判断力がある
  • 行動力がある
  • 笑顔を絶やさない
  • 弱音を吐かない
  • メンタル面が強い

細かく言えばキリが無くなりますね…。内面的な部分でよく求められるのはこんなところでしょう。

加えて、各リゾートで独自のポリシーがあるはずですし、現場で働くチームのカラーもあるので、「うちではテキパキ行動できることが第一」など、優先順位も変わってくると思います。

仕事に対してポジティブであること

また、どこに行っても前提になるのは、仕事に対するポジティブな姿勢ですね。一般的にホテルや旅館、レジャー関連業はどこも労働時間が長く、賃金も決して高くは無い世界です。

そういった状況で、ホテルなどは「最高のサービス業」であることを求められ、最上のおもてなしを提供しているわけですね。お客様は当然ですが、同僚の前でも疲れた顔などを見せるのはマイナス印象なので注意しましょう。

全員が頑張っているのですから、「残業が多い」「もっと休みたい」など、バイトの段階でネガティブな発言をしていたら社員登用など無理ということです。

ちょっと体育会的で、時代遅れのような印象を受けると思いますが、労働環境が厳しく、体力勝負なのはリゾート施設ではまだまだ変わりそうにありません。

正社員になりたいのであれば、人当たりの良さなどの接遇面と、タフさを兼ね備えた人間性が求められるということですね。

人間関係の部分での適性

周囲との人間関係もポイントとなる部分です。人事課や総務課というよりは、現場責任者などが意外とこの点を重視するみたいですね。「この人をうちの現場に本採用して、うまく馴染むだろうか?」ということです。

やはりどの職場にもそれぞれの空気感・雰囲気と言われるものはあります。「明るい職場」「真面目な人が多い」「みんな熱血タイプ」などなど、集団にも個性があるので、いくら能力がある人でも雰囲気に馴染めなければ活躍できるとは限りません。

少し極端な例ですが、温和な人が多く他人のミスを責めないような職場では、バリバリ仕事が出来て、とがっている感じの人は受け入れられにくいということです。

そのため、既にリゾートバイトの段階で「何か浮いてる気がする」と感じるようだと、社員登用の話は進みにくいかもしれません。まぁ、浮いている自覚があるのに社員登用を希望する人はいないと思いますが、自分自身では気づかない面もありますからね。

大事なのは「社会人としての適性」

ここまで見てきた適性については、「社会人としての意識や姿勢」とも言えると思います。

社員登用に性格的な部分が左右するのは確かですが、大事なのはあなた個人の性格というよりは、むしろ「社会人としての性格」です。

プライベートの性格はどうであれ、仕事の時にはスイッチを入れて、社会人としてのあるべき自分を演じられるかが大事なのです。

「普段はだらしなくても、仕事になるとシャキッとする人」「気が合わない人達ともチームとして折り合いをつけながら働く人」などは、あなたの周りにもいるでしょうし、あなた自身がそうかもしれません。

これまで、どんな仕事でもある程度真剣に取り組んできた経験がある人なら、少なからずどの業界のどの職場でも働ける適性はあります。

アルバイトレベルよりも広い視野が必要

普通のアルバイトスタッフならば、一生懸命に与えられた仕事を頑張るだけで充分優秀な人材です。

しかし、社員登用を目指すのであれば、それよりも高いレベル・広い視野と言うか、状況を俯瞰して捉えられなければなりません。

  • お客様の満足度を今より上げていくにはどんなアプローチが必要か?
  • スタッフの配置はこれで本当にベストなのか?
  • 仕事の導線に問題は無いのか?

というような、職場を高いところから見渡すような考え方が出来る必要があります。言わば、会社のことを考えられる運営レベルの見方です。

もちろん、仕事には段階と言うものがありますし、働き始めていきなりそんなレベルの話をしていたら、「まず他に覚えることがあるだろ」ということになります。

まずはあくまで自分の仕事をしながら全体を見れるようなマインドを養います。そしてさらに経験を積んだ後に、社員さんをサポートするような形でバイトスタッフ達の統括が出来るようになるのが理想です。

社員登用を目指すには、思考レベルでこういったステップアップが必要なため、どうしてもある程度は長期で働くことが求められるでしょう。

経験者でないと厳しいのか?

どこの業界でも新卒以外の採用では経験者が優遇されるのが普通です。

リゾートホテルなどの中途採用者も、そのほとんどが同業他社で経験を積んだ人達に占められます。かと言って、リゾートバイトからの社員登用に可能性が無いわけではありません。

あなたがAホテルで社員登用を希望するバイトスタッフだとしましょう。そこへBホテルでの勤務経験を持つ中途採用希望者Cさんがやってきました。

単純な業界経験からすると、Cさんが有利なのは当たり前ですが、あなたにはCさんにないAホテルでの経験があります。

Aホテルにとって、バイトスタッフは言わば自社で育成した社員候補とも言えます。あなたはAホテルの業務について勝手が分かっていますし、もしかすると現場社員からの信頼も得て、非常にかわいがられる存在かもしれません。

もしあなたがAホテルで働いてそこそこの期間が経過しており、社員登用の優先順位がトップならば、あなたと上記Cさんとの勝負はどちらに転ぶか分からないでしょう。

何せ、中途採用の経験者と社員登用のあなたでは、あなたを採用した方が人件費は低く抑えられますからね。ちょっと自虐的ですが、「給与の安さ」を武器に出来るわけです。

実際に社員登用されるためのポイント

社員登用されるためのポイント

では、実際にリゾートバイトからの社員登用を実現させるには、どんなポイントを押さえるべきなのでしょうか。

業界について研究すべし

観光業界で働きたいのであれば、ホテル業界、レジャー業界の知識やその地域の地理歴史にも詳しくなければなりません。

リゾートバイトをしながらでも構いません。むしろ実際に働いてこそ分かる部分も多いと思いますので、とにかく熱心に勉強してください。

実際の現場を知る

リゾートバイトをしていれば自然と現場の業務や、周辺地域の観光情報については知ることが出来ます。ただ社員登用を狙うなら、バイトレベルの知識では物足りません。

受け身の状態で誰かが知識を入れてくれるのを待つのではなく、もっとモチベーションを高く持って、自分から情報を取りに行きましょう。

「この業務は本当はどんな意味があるのか?」

「普段やっていないあの業務は一体何なのか?」

「この周辺の飲食店は全部制覇してランキングを作ってやる!」

といったように、自分で調べたり、上司・先輩に聞いたり、自分が社員になることを想定して、恥ずかしくないレベルの知識量を確保できるようにしましょう。

普通の就職活動や転職活動では、情報は企業の採用パンフレットやWEBサイトから集めるか、良くても会社見学です。

実際の業務に触れられることはリゾートバイトの強みでもあるので、外からのライバルに負けないように知識と実務力を磨きましょう。

マイナス面も知る

上の方でも述べましたが、ホテルやレジャー産業の労働条件や環境はあまり良くありません。そしてそのことは、実際に現場で働かなくては分からないことです。

バイトスタッフの立場では、残業もほとんど無いでしょうし、休日もしっかりもらえるはずですが、正社員の皆さんは微妙なところだと思います。(あくまで職場次第だとは思います。)

その実情を見て、「それでもこの仕事がしたい!」と思えるようであれば、あなたの気持ちは本物だと思います。

社員になることを考えれば、会社のマイナス面を知ることも大切です。どんな職場にも多かれ少なかれ不満はあるもので、それを乗り越えたり、折り合いをつけながら働いていかなくてはなりません。

当サイトの訪問者の方々は多くが30代前後かそれ以降の年代だと思いますので、やはり夢だけでは無く現実的な部分にも目を向けて欲しいと思います。

長期バイトをしながらタイミングを待つ

社員登用はいつでも可能なわけではありません。現場の正社員に欠員が出たり、業務拡大のために増員をはかるタイミングでなければ、なかなか声が掛かりにくいでしょう。

理想的なのは、「すぐにでも欲しいから、バイトの契約期間が終わったら切り替えようね」と言ってもらえる展開ですが、色んな事がよほど神がかっていなければ難しいと思います。

現実的な落としどころとしては、長期のリゾートバイトで働きながら、社員になりたい旨を伝えてその時を待つというスタイルでしょう。

何年かかるか微妙なところですが、その間も腐らずハードワークし続けることが大切です。努力が認められて、通年の契約社員になれるケースは珍しくありません。そこまで来れば、そのホテルや施設での登用が難しくても、他社での中途採用には可能性が出てくると思います。

社員登用に関して頼りになる派遣会社

社員登用に関しても派遣会社が頼りになります。もちろん、登用について直接の権限はありませんが、「このホテルは過去に社員登用の実績がある」というような情報をもらえる可能性はあります。

担当コーディネーターとの面談時に、一定期間のリゾートバイトを経て正社員になりたいという希望を伝えましょう。そうすれば、可能性のある施設やホテルに派遣してくれたり、長期の雇用期間でセッティングしてくれるはずです。

こういった話は、どうしても担当者と顔を合わせてのやり取りが望ましいため、面談のある派遣会社を利用されることをおすすめします。

電話では無く直接の面談の場を設けている派遣会社は大手に限られてしまい、そのうちオススメできるのはアプリとヒューマニックの2社でしょう。

独立や転職という選択肢もあり

社員登用以外の道

ここまでお話ししたように、社員登用には努力だけでなく、タイミングや運といった要素も絡んできます。

あなたがいくら優秀な人材だったとしても、残念ながらチャンスに恵まれないことも考えられるでしょう。

しかし、視野を広くして見れば、出来ることややりたいことは、きっと他にも見つかるはずです。視野を広げたり、勇気が持てるようになるのもリゾートバイトの魅力の一つですからね。

「正社員になりたい!」という強い気持ちを持って働くことは大事ですが、セカンドプランを用意しておくことは、特に30代以降の人にとっては必要なことだと思います。

他の旅行・観光業に就職

あなたたがリゾートバイトでお世話になったホテルやレジャー施設での社員登用が難しくても、あなた自身の経験が無くなってしまうわけではありません。

それまでの社会経験も含めて、あなたの強みはしっかりとあるはずですので、そこを活かして次のステップへと踏み出しましょう。

例えば、同じ地域にある別のホテルだとか、規模が似たような施設は色々とあると思います。業種が同じであれば、当然知識や経験は加味されますので、契約社員や正社員での採用も可能性としてあります。

また、少し業種をずらして、旅行業界などを探ってみるのも良いでしょう。リゾートバイト経験者にとっては興味関心がかぶる部分だと思います。

旅行会社勤務はもちろんですが、リゾートバイトで現場を経験してきた人にはツアーコンダクター(添乗員)もおすすめですね。

リゾバ同様お客様との距離が近いため、やりがいがあり、また日本はもちろん世界中を見て回ることが出来る仕事です。

旅行綜研のようにツアーコンダクターを未経験から育てる会社もありますので、興味があればチャレンジしてみて下さい。

公式サイトはこちらです⇒海外国内ツアーコンダクター募集!【旅行綜研】

独立

独立はちょっと勇気の要る決断かもしれませんが、あなたのリゾバ職種が調理やダイビングインストラクターなど、資格を活かして起業可能なものなのであれば、夢は広がります。

独立はまだちょっと早いかな…という場合は、他の施設でさらに経験を積むという方法もあるでしょう。「独立」を意識して働くことで、モチベーションは格段に上がるはずです。

また、それ以外の職種の方に関しても、総合的な宿泊業の経験があるのなら、ゲストハウスなどの安宿をオープンするという道があります。実際に、沖縄などでは30代前後のオーナーが営む宿が多く見られますからね。

いずれにしても、リスクのある選択ではありますが、自分のやりたいことを100%形にするチャンスでもあり、チャレンジ精神のある方にはおすすめです。

元の業界や職場に復帰

無難な選択にも思えますが、あなたが元いた業界に戻るのも良いのではないでしょうか?周囲が温かく迎えてくれるなら、全く同じ職場に戻っても良いと思います。

出戻りとは言え、リゾートバイトを経験したあなたは、精神的に一回り大きくなっているはずで、見える景色は以前とは違っているでしょう。

30代になって新しいことに挑戦するというのは、誰にでも出来ることではありません。「一つのミッションをやり遂げた」という感じで、堂々と元の世界に戻ってきたら良いと思います。

三十路のリゾバにおすすめの派遣会社ランキング

1位:アプリ(はたらくどっとこむ)

アプリ(登録サイト:はたらくどっとこむ)はリゾートバイト業界では誰もが知る有名派遣会社です。
大手ならではの求人件数の多さ、勤務地の幅広さといったメリットもありながら、一番の売りはコーディネーターのきめ細かな対応。仕事探しから勤務中に至るまで丁寧にケアしてくれます。
信頼関係を大事にするそのスタンスを評価してオススメ1位に選定!何かと不安を抱えやすい三十路のリゾバ志願者でも安心です!

2位:ヒューマニック(リゾバ.com)

ヒューマニック(登録サイト:リゾバ.com)はリゾートバイト業界最大手の派遣会社です。規模が大きいだけでなく、派遣リゾバのスタイルを初期に確立した老舗でもあります。
リゾートバイトに関する情報やノウハウが非常に豊富で求人件数もピカイチ。当然、三十路のあなたの採用率もグンと上がります。
大手らしい安心感がポイントですね。バラエティーに富んだ求人の中から、希望に合ったリゾバがきっと見つかることでしょう!

3位:アルファリゾート

アルファリゾートは女性からの支持率が特に高い派遣会社です。
寮は個室が多く、また女性特有の職種である仲居の時給が抜群に高いなど、女性に嬉しい特長がたくさんあります。
職場だけでなく生活の環境面にもこだわりたい、30代以上の女性に特にオススメの派遣会社ですね。

 - リゾートバイトの働き方